『川崎市岡本太郎美術館』

小田急線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩17分
川崎市生田緑地内
休館日:月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日
―なんで、銀色…?
―でも、ちょっと大きいね。
TAROの気分…
―入場券を買うのだ!

一般900円、学生500円
クラムは…いくらかな?
(おまけ)


ミニミニペコちゃん みんなのゆめ
おえかきペコとヒミツの22番
for MEN INDEXへ
TOPへ
昨年発売された「20世紀デザイン切手」→
切手
イタッ!
←ミュージアムショップで買ってきた「太陽の塔」と
今回の企画展のガイドブック。
写真点数も多く、「太陽の塔」の設計図や、
万国博当時の資料が満載。
―また、来ようね。
―あー、楽しかったね。

「太陽の塔」原型レプリカ(FRP、桐箱付き)
限定30個 
\38万!!
ほしー!!   高いー!!
ミュージアムショップ』 岡本太郎グッズがいろいろあるよ。
―この椅子ほしいね。
『芸術は爆発だー!』

エントランスホールにある
かわいらしい
『午後の日』の像
記念撮影コーナー
「手の椅子」にて
―ねぇ!早く入ろうよ〜
―おなかすいた〜
『川崎市岡本太郎美術館』に行って来ました。

到着するとまず、まるで大地からニョキニョキと生まれ出たような
たくましく、チャーミングな
『母の塔』(全長30メートル)に度肝を抜かれる。
『太陽の塔からのメッセージ』  岡本太郎とEXPO'70
それでは、カフェテリア「TARO」にて
腹ごしらえ。
グサッ!

また、来ようね。
ミュージアムショップ
手の椅子(青)
手の椅子(赤)
手の椅子
チケット
午後の日
入口
カフェにて
到着〜
シンボルタワー「母の塔」
ペコ
太陽の塔